ツアー募集

秋のアクティビティは鹿児島県大隅半島で!ロケットセンター見学やロケット秘話を聞けるお茶会開催!ワクワク・ドキドキを体験できる「大隅手帖」とは?

2017.08.15 up

鹿児島県大隅半島の魅力に出会える「大隅手帖」!日本一地元に愛されるロケットセンターをご案内

「ウチノウラキモツキ共和国」こと肝付町がある、鹿児島県の大隅半島。
 鹿児島県の薩摩半島と比較し、知名度の違いから「じゃないほうの半島」、だなんて呼ばれたりもしています。
しかし、9つの市と町(鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、 大崎町 、東串良町 、錦江町、南大隅町、肝付町)からなる大隅地域には、日本本土では唯一となるロケット発射場をはじめ、歴史や文化、雄大な自然、豊かな食が今も大切に残っています。

そんな大隅半島の観光地域おこしを推進しているのが、大隅観光未来会議が発行している「大隅手帖」というプログラム。
8月21日〜10月7日までの期間大隅地域の歴史や自然を楽しめるとっておきの20の体験プログラムが掲載されています。

地元だからこそ楽しめるアクティビティは、絶景パラグライダー体験や本土最南端の地で本場の西陣織体験などもりだくさん!!「ウチノウラキモツキ共和国」では、JAXA見学とロケット開発を支えた元婦人会長のお茶会を開催します。

 鹿児島県大隅半島ならではの味覚やあったかいおもてなしに出逢えるとっておきのプログラムがあなたをお待ちしています!
詳しくは「大隅手帖」ホームページから、メールまたはFAXでお申込み下さい。

■問い合わせ・申し込み先
大隅広域観光開発推進会議

http://oosumi-kankou.com/ex_program/
TEL:0994-31-1176
E-mail:oosumikankou@e-kanoya.net

大隅手帖PDF