お知らせ

イプシロンロケット2号機、12月20日の打ち上げ迫る!!

2016.12.07 up

12月20日、肝付町のJAXA内之浦宇宙空間観測所から「イプシロンロケット2号機」が打ち上がります!

 

2016年12月20(火)20時〜21時、イプシロンロケット2号機が内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられます。イプシロンに搭載されるのは、ジオスペース探査衛星「ERG」。地球の周りの強い放射線帯(ヴァン・アレン帯)の嵐に飛び込み、電子や電磁波の変動を観測することで、高エネルギーの電子発生の仕組みを調べます。

2013年に打ち上げられた「イプシロンロケット試験機」より大きい、全長26メートルの2号機。3段あるエンジンのうち、2段目を強化し、打ち上げ能力が向上しています。試験機に引き続き、人工知能による機体の自動点検も導入されています。

そして、二段目のモータ部分には、2号機の新しいマークとして、「ダブルアロー」という2本の矢が刻まれています。イプシロンロケットの発展と、肝付町の伝統「流鏑馬」の矢をイメージしたマークには、「イプシロンで夢を射とめよう!」プロジェクトで募集した6471件の夢や応援メッセージが小さい文字列となって組み込まれています。

img_2631

皆さんの夢と、「ERG」を載せて飛び立つイプシロンロケット2号機。

 肝付町で、実際の打ち上げを体感してみませんか? 

打ち上げ見学場の詳細はこちら